今夜は眠らナイト

~快眠のヒント~睡眠の質をグンと上げる方法

睡眠コラム

寝室の照明は何色がいいの?寝つきがよくなる空間の作り方!

投稿日:

ベッドサイドの照明画像

寝室をできるだけくつろげる場所にするためには、その空間を照らす照明選びが重要になってきます。

寝る前にどのような空間で過ごすかで、その後の睡眠の質も変わってきます。

せっかくウトウトと眠気が襲ってきたのにもかかわらず、天井から蛍光灯で昼白色の光に照らされていては、せっかくの眠気が吹っ飛んで台無しに。

睡眠に適したモノを選び、その後の快眠へとつなげましょう。大事なのは、色と明るさ、それと配置を考える事です。

寝室にはあまり白い色の光は向かないなって感じてたけど、どういうのが理想なんだろう。

睡眠に適した照明の色合い

暗い寝室の画像

寝室のメインの用途はもちろん寝ること。

このことを最優先に考えれば、暖色系のオレンジ色をした「電球色」を選ぶのがベスト。

その理由は、「電球色」の下ではリラックス度が増し、寝つきの良さが期待できるからという事があります。

逆に、白い色をした「昼白色」の下では集中力が増し、目が覚めてしまうからという事が挙げられます。

ですので寝室を寝るだけの場所だと考えている人は迷わず「電球色」でOK。

しかし、寝室でメイクをしたり、仕事や勉強にと、寝室兼用のスペースにもなっている部屋もあります。

こういった用途で照明が必要な場合「電球色」だけでは役不足。

そのようなところでは、寝る前は「電球色」、普段は「昼白色」に調光できる照明器具を設置するのがいいでしょう。

やっぱりオレンジ色に照らされた空間の方が、なんか落ち着きますもんね

代表的な照明の色合い

照明の色合いには主に「昼光色」「昼白色」「電球色」があり、電気屋や、家電量販店に行くと、こう言う形で売られています。

「昼光色」

はっきり、くっきり、クール等の表現で売られている。

「昼白色」

自然な色合い、ナチュラル、マイルド等の表現で売られている。

「電球色」

温かみのある、リラックス等の表現で売られている。

昼光色・昼白色・電球色の特徴

シーリングライトの画像

メーカーによって若干呼び名は異なりますが、「昼光色」が一番青白い光を放ち、「電球色」に近づくに連れオレンジ色の「炎」に近い色になっていきます。

それぞれの印象と用途

「昼光色」青白い色を放ち、物体をくっきり・はっきり見せる。クールな印象を与える。

仕事や勉強など集中力をアップさせて作業を行いたい時などに。

「昼白色」白い光の色を放ち、太陽光の下で見るのと同じような、自然な印象。

メイクや衣装選び、料理の時など、対象物体を太陽の下で見るのと同じような自然体で見たい時に。

電球色」焚き火やロウソクなど、炎に近い色を放ち、温かみを与える。

食卓や寝室等、リラックスしたい場所・空間を照らしたい時などに。

光と睡眠の関係

明るい寝室画像

光は睡眠に強く影響を及ぼす要素の一つです。

光は睡眠ホルモン「メラトニン」を抑制する力を持っていて、それは家庭用の「昼白色」の照明や、パソコン・スマホ・テレビなどのブルーライトでも抑制されます。

このことから、寝る前1時間前位からは、部屋をなるべく暗くし、メラトニン抑制効果の少ない、「電球色」の下で過ごす事がベター

その後の寝つきをよりスムーズなものにしてくれます。

暖色系の色の効果

オレンジ色の電球

人は色合いによってその場の空間から受ける印象・感じ方が変わってきます。

オレンジ色の「電球色」には、温かみを感じたり、リラックスした気分になる等、心理的イメージが働きやすく、日常生活から感じているプレッシャーを取り除いてくれ、肩の力を緩めてくれます。

寝るときにはよりリラックスした状態、環境で過ごすことが理想的です。

暖炉や焚き火の炎を見ると、人はホッとして落ち着くと言われています。

快眠に適したおすすめの明るさ

寝室の画像

寝室の照明の色についてお話してきましたが、明るさも重要になってきます。

考えなければいけないことは、寝ている時と、寝る前のこと。

寝る前はメラトニンの分泌を極力抑制しないよう、なるべく暗い方がいいのですが、同じ「電球色」でも、蛍光灯の光とLEDの光では照らし方に違いがあります。

やや専門的なことになりますが、LEDの方が明るさ効率が良く、照明の直下では明るいのですが、部屋の隅では暗く感じるという事があります。

又、ダウンライトも直下では明るく感じるような照明器具です。せっかく電球色にしたのにもかかわらず、照明が視界に入り、光が必要以上に目に入って来て、意外と眩しいという事もあります。

これらのことから、明るさも調節できる照明器具を取り付ける事を考慮しましょう。

寝ている時はより暗い方が理想的。最も理想的なのは月明かり(0.3ルクス)程度と言われていますが、真っ暗で寝れるという人は余計な明かりをつけることなく、それで構いません。

もし、少しの明かりが欲しいという人は、照明の位置を工夫しましょう

照明の位置

寝室の照明

直接目に入る位置に照明があると眠りを妨げられる恐れがあります。仰向けになった時、小さい常夜灯でも気になる人は気になります。

ですので就寝中は天井のメインライトは全消灯が基本。

多少の明るさでも直接目に入る光では睡眠は妨げられるため、光はなるべく目に入らないようにしたいところです。

小さい明かりが欲しいという人は、部屋の隅や、入口付近、足元や壁際を間接照明を使って照らすなど顔からなるべく遠ざける工夫が必要です。

なるべく目を刺激しないようにし、柔らかい光を意識することがリラックスできる空間づくりのコツです。

スイッチの切り替えはリモコンで

コレは当然ですが、せっかく眠気が訪れたのに、立ったり、起き上がったりしてスイッチを消しに行くという行為は避けたいですね。

手元でスイッチのオン・オフができたり、明かりの調節ができるリモコン式のモノが理想になります。

眠くなったら、スっと眠りにつけるようにしたいものです。

寝室は目的・用途で明かりを使い分ける

電球のイルミネーション

日本では、「ひとつの明かりで部屋全体を照らす」というのが当たり前ですが、寝室では本を読んだり、他の作業をするのに、ひとつの明かりでは不便な状況があります。

メインの部屋全体を照らすのは、「色合い・明るさ」がリモコンで調光できるものを設置し、そのほかのシーンに合わせて、枕元やベッドサイドなどに補助的な明かりを設置するのがおすすめです。

本を読むのには、手元を照らすなどをすれば部屋全体を明るくしなくても大丈夫。むしろ頭の上から照らす明かりより、手元だけ照らす明かりの方が、自分が影にならず本も読みやすいのです。

適材適所。目的に合わせた明かりの照らし方で、眠気の妨げをしないようにするのは大事です。

様々な照明を使いリラックス空間を演出

間接照明

寝室を眠気が起こりやすい、よりリラックスできる空間にすることを考えることは大事。

照明を複数設置して、壁に光をあてたり、影のグラデーションを造るのは、部屋を広く感じさせ、ムードを出すのにはうってつけ。

壁際や足元付近に間接照明で明かりを灯し、よりくつろげる空間を演出してみるのもいいでしょう。

寝る前に小さい光で演出した寝室で過ごすと寝つきもスムーズになりオススメですよ~。

寝室以外の照明に関して

廊下の照明

睡眠のことに関して言うならば廊下やトイレ、お風呂など、寝室以外のところの照明にも気を配ったほうがいいでしょう。

廊下やトイレの明かりが明るすぎると、夜中に起きてトイレに行った後で、再入眠しにくくなってしまうからです。

基本的には夜の照明は暖色系の電球色で統一したいところ。「昼白色」は必要ないんじゃないかと思います。

夜は電球色、日中は昼白色の使い分けも上手に行うと良いですね。

光源の違い

白熱電球の画像

最近では、自宅の照明器具が「蛍光灯」か「LED」のご自宅が多いと思いますが、実は睡眠に一番適していると考えられているのは、昔の家庭で一般的だった「白熱灯」なのです。

コレは光源が発する波長の違いによるもので、「蛍光灯」や「LED」の発光原理による光よりも、太陽の光に近い原理で、熱放射による光の発し方をする「白熱灯」では、同じ電球色でも、全く同じ色合いにはならず、印象の違ったモノになります。

このことから、寝室にはできるだけ白熱灯を使いたいわけですが、ランニングコストや、安全面、耐久性など様々な点で蛍光灯やLEDの方が優っていますので、もし使うならサイドテーブルの上に置くものや、補助的な役割のものにした方がいいと思います。

5W位のものを使うと、本当にロウソクが灯っているような柔らかい雰囲気を出せますし、寝室の落ち着いた空間にはピッタリです。

又、そもそも地球温暖化や環境保護のため、世界的に白熱灯の生産・使用が中止されるようになってきて、日本でも各電気メーカーが自主的に生産中止をしているところです。

そんなわけで、ネット通販ではまだ見かけますし、購入できますが、店舗先では白熱電球のコーナーが無いか、蛍光灯やLEDに押しやられてしまい、やがては販売すらもできなくなるだろうという状況にあります。

どれだけ寝つきが違うか、一度白熱灯を使ってみようかな?

まとめ

テーブルライトの画像

寝室には電球色が最適なのは納得いきましたか?

色だけでなく、明るさの量や、照明器具の位置も大事ですので気を配ってください。

寝室のメインの照明器具の条件としては、色合いが調光できるもの、明るさが調節できるもの、手元でコントロールできるようリモコン式のもの、それにタイマー機能がついていたら完璧かと思います。

最近では、タイマー付きのシーリングライトも販売されていて、これによってウトウトして寝入ってしまっても、勝手にライトが消えてくれる機能を持ち合わせた商品があります。

寝室を演出してくれる間接照明も様々なものが販売されています。こういったものを組み合わせて居心地のよい空間を作ることが大切なんですね。

又、明るさを調節できる照明器具を買っても、安いものだと調節の幅が狭く、思っていたよりも部屋が薄暗くならない・できないといったものもあります。

調光できるものなら調節種類・段階の多いものを選ぶのもコツです。

なるほど、色と明るさ位置選びが大切なんですね

 

調光できるおすすめシーリングライト↓↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サイトナビゲーター:快眠ダイ

サイトナビゲーター:快眠ダイ

満足のいく睡眠とれてますか? “今夜は眠らナイト”メインナビゲーターのダイです。 自身も不眠に悩んだ経験が有り、少しでも睡眠の悩みを抱えている人のお役に立てればと、このサイトのナビゲーターをしています。最先端の睡眠学を学び、快眠に有益な情報を提供することを心がけています。

-睡眠コラム

Copyright© 今夜は眠らナイト , 2021 All Rights Reserved.